忍者ブログ

「よもやまBANANA」と読みましょう。ミュージシャン村上 翔一の日常のブログでしたが、2014.4.14より世界一周の旅に出発したため、現在、大絶賛、世界旅行史となっております!!世界一周ブログランキングに参加し1位に向かって挑戦中。そこらへんもよろしくお願いします~

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ねねね、眠い…

あぁ、どうも、一極集中武者です。
なんか、ハマっちゃうと、駄目ね。
楽しいけど、体力が持たない。


さーて、そんな状態だから、想像つくともうけど、
ぜんぜん、この間の続きそのままです。
なんなら、あんまり移動すらしてないぜ(笑)
ほとんど寝てないぜ(笑)



ぶっちゃけ、この間の日記は、文章がおかしい。
説明が足りてない。
そして多分、今日の日記もそうなることなのでしょう。
この日記を参考にする人はフィーリングで読み取ってください。
すまん、いつもみたいに、面白いか読み返す気力もないよ。
タダの記録。
次回、ああぁそうだった、って。
自分が振りかえるための記録に近いわ、コレ。

さて、と。
今回は、ノイズについて書きたいと思います。

つーのは、
当然、RECをしているので、音が流れると、
空気感、、、って言うんでしょうか?
まぁ、そういった、
ノイズ、、、ではないけど、
うーん、エアー音、、、??、、まぁ、、わかるっしょ?
そんな、無いけどある音があります。

きっと、
完全にMIDI制作の人って、
いや、想像だけど、、きっと。
なんつーの?例えばブレイクの部分。

無音、、、なんじゃないでしょうか?


前回の日記に書きましたが、
まだSONARがさっぱりわからないワタクシは、
手始めに、無音部分をバッサバッサと切って捨てて行きました。

当然、ブレイクは、
うーん。表現しにくいけど、



「シュッ

             ドーン」






って感じに、いい緊張感。
出たと思う。





でもさ。
よく考えてみて。

ウチらのレコはオールオーディオトラック。
全て、自分らでちゃんと演奏したもの。
マイクを立てているパートでは、
音が鳴ってない部分にもエアー音は入ってる。
逆にいえば、
音が鳴っているその奥、その後ろには、
エアー音が鳴っている訳だ。

また、イメージですが、



「シュッ…んんんんんんんんんん、ドーン」



わかる?つーか、例えがおかしいか??
でも、判ってくれる???
よね。

えーと。
それが、突然無音になるのは、、、不自然じゃないか??
あれ?
うん。不自然じゃん。


まぁー、この話は、
実はタロウさんとシロウに言われたんですが。
チャーリーにもダメ出しされる勢いだったんですが。

うん。
結構、苦労してノイズカットしたけど、
実際それでレコテイクを駄目にしてるのならば、
ちょいと話は変わってくる。


でもね、
そもそもの無音時の問題として、
クリックが聞こえてきたりとか、
会話、人が動いてる音、、、etc、、、
音楽的でない音…

これも無音時には同居してしまう。
気にしなくてもいいのかもしれない部分だけど、
結構一瞬だけど、
自分の好みでないから、やっぱり何とかすべきだなと思いました。



えーと、
いろいろな実験、悩んだ結果はぶっこ抜いて、
最終的に選択した方法は、

・意図的にノイズを足す
・現状ノイズの加工
・その他の排除

この3工程となりました。


つっても、
その他の排除、っつーのは、
前回の段階で全て要らない音は消している状態です。

だから、むしろ、どうやって足してくのか。
その結果。
排除以外の2工程が生まれた感じです。

えーと。
最初はほんといろいろ考えて、
ヒントになってくれたのがVSTのSIRだったんですわ。

えーと、
前回の日記でも紹介したReverbです。
引用しておきましょう。

---
Reverb:SIR
今のところ、これが1番のパワープッシュ。
ちょびっとCPU食うとこは確かにあるけど、こいつはスゲェ。
インパルス・ファイルってデータを取り込んで、再現しちゃう。
空間でも、往年の名機でも。結構気に入ってます。
ちなみにインパルスデータ自体は、
「impulse response library」
で結構出てくるとか来ないとか。
---

はい、この子。
Reverbのくせに、いや、だからこそ?か??
空気感を操れるんですわ。空間再現しちゃうからさ。


わかった?
カンがいい人、わかったでしょ?


…そう。

思いつきですが、ね。






工程から説明します。

いくらレイテンシ、ケチったっつっても、さ。
ダイレクトでSONARのREC位は使えますから、
とりあえず何にも接続せず、曲の長さ分の無音テイクをREC。
いや正確には、ちょっと長め。

そんで、
もー判るよね。

そいつを、SIRで、
EUのなんかよさ気な教会の空気感にエフェクト。
まぁ、

スー

ってしか言わないんだけども。ね。


で、これを、
曲が始まる前から終わってちょっとくらいまで。
これで、この長さが曲の長さとなるくらいのイメージで。

これは、正解なの?


さぁ。判んない。
けど、全体の音が丸くなった気がする。
ブレイクが無音よりはこっちの方がいい。と、思う。



さて、
オレは、
結構これでいいと思ってたんだけど、
シロウがウチに来てアドバイス。

ほら、ベース、ACノイズが乗ってたじゃん。
そいつを軒並みカットしたんだけど、やっぱ不自然…
ありゃりゃ。
やっぱ、プレイヤーにはバレるか。

つー訳で、第2工程の、
既存ノイズの加工が加わりました。


ああ、えーと、
ワタクシ主観ですが、でも、ね、と。
言っておきたいことがあります。

だからと言って、
ノイズ、、、違う。無音部分を全て残すことがいいとは思いません。
ワタクシは当然ボーカルですから、
歌の余韻、雰囲気、空気感、無音の時にどう?、、、まで。
この全てを、やはり音源として残していきたい。
いきたいです。

が、
ワタクシの部分はすべてカット。
ワタクシに関しては、歌ってる以外の場所、オール排除しました。
だって、さ、必要がないんだもん。
いや、余韻が音としてあれば残す、残したけど。
空気の余韻は要らないと思いました。

うん。
これは全てのトラックが混ざるからなんだけど。


えーと。
やっぱり、どう足掻いても一発録りでないからさ。
空気感が微妙に違って、
何だろう、うるさい。って言えばいいのか?
なんか、その他、が太くなる感じが嫌でした。
そもそも、だから、オールトラックの無駄な音を省いた訳です。

あれ、もう、矛盾してる?
ふふふ。



結局のところ、ワタクシがしたかったこと。
それは、時間軸の同一化なのかも知っれません。

違う時間に録った仲間の音のアンサンブルを、
少しでも近づけたかったのかもね。

だから、ワザワザ、
無音になったトラックにエアーノイズを足してみた訳です。



けど、時間軸が違ったって、
仲間でいっせーのって出した音と、
行ったこともないEUの、
どこかもわからんけど厳かな教会のノイズじゃ、さ。

確かに、違和感があるかも。


で、
考えたのですが。

やっぱ、ベースが正直一番ノイズが酷い。
無音時、ずっとちっちゃく唸ってる。
かたやドラムは、
叩いてないときは超静か。さすが、スタジオのマイク。
むしろベースの「ブーン」拾ってるし。

この場合、ベースの音はカットしない方がいいな、と。



ちなみに、
ドラムの無音時まで残しちゃうと、
無音時からドラムが入った時の存在感が薄れる気がして、
やっぱり、ドラムの無音時はカットした方がいいなと思いました。
これはきっと打楽器だからかな?
サステーィンを活かす方法を考えた方が、
きっとメリハリがあっていい。オレはそう思う。
まだやってないけど、スネア、バスドラへのEQ、そしてReverb。
薄く、自然に。
まぁこの話はきっと、ちょっと先にすることになるでしょう。



えーと、
まぁ、要は、
一番目立ったノイズ音、いや、違うな。
どっちかって言ったら、
無音時からの次の音。
ブレイク明けに一番影響する楽器のノイズ、空気感。
コレを選択したのです。
そして、それは、仲間の音であるがゆえに、
当然、ワタクシたちが描く音色にはマッチします(断言)。

いや、断言できますよ。
始めにRECしたのって、
ベース、ドラムの同時録音だし、
そのテイクを聞いて、オレもチャーリーもレコったし。
その空気感は知ってる訳ですよ。
いや、そんなにアツくなるほどではない変化かもしんないけど、
全然、コッチがいいんだもん(笑)


あ、で、でも。
このままだとちょっと、ね。

ぶーん、っぶっぶーん


はい、っちょっと、MIX大丈夫??
って感じだったので。

フェードアウトでちょっと下げて、
GEINが半分になったところからEQでぼかす。
そんな感じでノイズとしては残したうえで、ぼやかしてみました。

結構、上手くいったと思います。
まぁ、後で、
一回寝てから、もっかい聞きなおして、、、ですが。
たまにビックリするからね(笑)

どうしよう、そんなにかわってなかったら。
ただのミキシング・ハイかもしれん。



ああー、
あと、ベースにはコンプかけました。
これもVSTです。

c3 multiband comp

てやつ。
コレ、ちょっと操作性が、まだ、いまいち理解できなないのですが、
コンプのバリエーションが豊富。幅が広い。
その分の操作性、、、かなぁ?
まぁー、慣れるでしょ(笑)






えーと。
現状では、もうチョイチョイ出てきていますが、
EQを勉強しています。

やっぱ、どうやら、避けて通れない、みたい…
いろんな本を立ち読みしたり、
ネットで調べてはいろいろ試して、、、


あと、やはり詳しい先人に超電話してます。

Shuffleの店長中島さん(PAのプロ)、
タカヒロ(サウンドクリエーター、兼、変態)、

変な時間に、妙な質問ばかりすんません。
EQの帯域トークがも少し理解できるようになったら、
また電話します。いや、判んなくてもしますが(笑)






あぁ、明日はクリスマス。
前の会社の忘年会にお呼ばれしました。

って、、、さみしい会社…ねぇ。

拍手[0回]

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カウンター
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ プロフィール
HN:
おサムライさん
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/25
職業:
永遠の中2。
趣味:
酔っ払って自転車で怪我をする。
自己紹介:
ミュージシャン村上翔一による世界一周のブログ。
2014.4.14より世界一周移動開始。
ミュージシャンとしてのホームページ等々は、この紹介文より下部別枠、リンクよりごらんくださいな。

世界一周するにあたっての制約は以下↓↓↓

1、所持金は50万円。
もちろん足りないから、足りない分は歌って稼ぐ!!

2、毎月1曲書き上げる。
帰国後、1万枚セールス&オリコン50位以下だった場合は、ミュージシャン廃業。

3、帰国までに70kg台まで減量する。100kgまでバーストしてしまった場合は、強制帰国、、、
ちなみに出国時の体重は95kg!身長183cmつっても、やっぱり重い。痩せますよ!!

楽しんで楽しんで楽しもうじゃないのって訳です!!
◎ 最新コメント
[09/17 村上]
[09/01 ショウ]
[04/07 千葉のおじさん]
[03/20 satoshi22]
[03/20 匿名さん]
◎ 現在のランキング順位
◎ 旅マップ
◎ 旅動画
◎ Twitter
◎ ブログ内検索
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]